厚木基地外周ウォッチングツアー

2017年12月1日 16時38分 | カテゴリー: 活動報告

11月29日、第7回厚木基地外周ウォッチングツアーを行いました。戦闘機の爆音など、私たちの暮らしに大きな影響を及ぼしている「米軍厚木基地」。身近でありながら、基地の概要を知る機会はあまりないかもしれません。基地の外周を車で見てまわり、基地がどんなところにあるのか、どんな状況なのか体感してきました。

大和駅→基地北側フェンス(車窓から)→線路の引き込み線→ゴルフ場(車窓から)→厚木基地正門→厚木基地西側→ゆとりの森→厚木基地旧東門→大和駅

というコースで周りました。

線路の引き込み線。現在は使われいませんが未だに変換されていません。ここが日本とは思えないくらい広々としたゴルフ場、密集する日本の家屋とは対照的です。

厚木基地の隣にはゆとりの森公園があり、子どもたちが遊んでいるすぐ真上を飛行機やヘリコプターが何機も飛ぶ姿を目の当たりにしました。また公園の真ん中に厚木基地へ着陸するための誘導灯が設置され着陸するための飛行機が低飛行しています。

 

基地東門では、MV22オスプレイ2機が飛来し着陸するのを確認しました。先日も沖縄で飛行機の窓が落ちてきたのは記憶に新しいですが相次ぐ事故の原因究明も進まない中、過密している民家の上を飛来している事実を知り恐怖を感じました。市民と一緒に声をあげて行きたいです。