コミュニティオプティマム福祉地域協議会大和総会

 6月16日、大和市保健福祉センターにてコミュティオプテイマム福祉地域協議会大和の第16回総会が行われました。2018年度事業報告と決算の承認、2019年度事業計画と予算の決定が審議され承認されました。

 第2部では講師に大和市健康福祉部高齢福祉課の磯辺壮一郎さんと南林間助け合いセンターの沓掛大乗さんを迎えて「大和市における生活支援体制整備事業について」の学習会が行われました。磯辺さんからは高齢者を取り巻く社会情勢や大和市の人口推移や要支援・要介護認定者数の推移や現状分析、地域の協議体設立の状況や市内の協議体設立状況などを教えていただきました。また沓掛さんからは南林間地区たすけあい協議会がどのような活動をしているかお聞きしまた。主な活動は庭の剪定や草むしりや掃除や片付け、病院の付き添いや買い物などの支援の依頼があるとボランティアの方を派遣します。その他にもふれあいカフェや健康マージャン教室の開催や健康測定コーナーを設けるなど介護予防のための高齢者の立ち寄り場所の提供と運営を行っています。現在133名のボランティアの登録がありますがボランティアの高齢化していくので若い方のボランティアを増やして行くのが課題ということでした。今後は高齢者が増えていく中で益々地域の助け合い必要となります。地域に呼びかけ協力しながら支えていきたいと改めて思いました。

 最後に神奈川ネットで共に活動をしてきた若林とも子を迎え参議員選挙に向けてエールを送りました。私たちの声を国政に届けていただき課題解決していただけるよう応援していきましょう。